PAGE TOP

段ボール箱から…人の傷を見て笑うものは傷の痛みを知らない人間に違いない不思議な話

TOPPAGE > 葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。

葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。

葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は不可欠ないのでしょうか。


実際にはそのような事はありません。





葉酸のもつ効能の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、先に述べた妊娠開始という摂取時期が注意が必要な期間ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取をとくに推奨している所以であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少指せるということが分かってから、葉酸は妊娠を要望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている成分ですよね。普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事で葉酸を補給するのも困難な場合もあるでしょう。無理な食事は体調を悪化指せてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで不足しがちな葉酸持ちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを使うのも良いと思います。



ビタミンの中でも、葉酸は妊娠中に大切な栄養素とされていますが、錠剤やサプリメントで過剰摂取すると、身体に良くない作用をすることがあります。


食欲がなくなる、吐き気が起きる、熱が出るなどその人の体質や摂った量によっていろいろな副作用が起きますが、まれに胎児の発育にも影響することがあります。


幾ら良い作用がある栄養素だといっても、過ぎたるは及ばざるがごとしなのでどんな栄養補助食品や薬にも標準摂取量があるので、大幅に超えないようにして下さい。





一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。市町村に申請すると助成金が得られるとはいっても、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる自治体が多いですね。


治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。


実は私自身もすでにアラフォーですので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。妊娠する前の段階で十分に葉酸を摂取して下さいと、読んでいる雑誌で特集が組まれていました。葉酸は、懐妊中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から大切な栄養素だ沿うです。野菜を十分に摂れない時は、サプリを使うのも良い、とも書いてありました。食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで妊活をつづけていきたいと思っています。


妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において忘れてはならない大切な栄養成分が、葉酸ですよね。



胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、葉酸サプリメントで補いながら、十分に葉酸を摂取するように心がけてちょーだい。



さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。野菜だけで補おうとすると難しいと思いますから、サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取して下さい。葉酸サプリは妊娠初期からずっと飲んでいたのですが、懐妊中期に指しかかってから沿ういえばカルシウム(不足するとイライラしやすくなるといわれています)も摂らないといけなかったと思い、牛乳を飲む量を、今までの倍にしました。いつのまにか、牛乳が合わない体質になっていたことを知らなかったので、吐き気がして、お腹を壊してしまいました。それから、懐妊後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄分を摂るために薬を飲みましたが、後から考えれば、カルシウム(不足するとイライラしやすくなるといわれています)や鉄分が妊娠初期から摂れるようなサプリメントを飲めば、苦労しないで済んだのではないでしょうか。


アロマは心身の調子を整えてくれますので、この頃は妊活にも役たてられています。



待合室にアロマを使っているような病院さえ出てきているのです。


妊活をしている中年女性の間では、ローズのアロマが人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)でしょう。





このアロマは、ホルモンのバランスを整えて、ストレスを解消してくれるという効果が期待出来るはずです。



同じくストレスや不安な気持ちをなくして、女性ホルモンの分泌を活発にするというイランイランも妊活には効果的でしょう。



妊活中には、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。これらはノンカフェインなので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児におもったより嬉しいお茶だという事ですね。実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという事ですので、赤ん坊を授かった後も、飲みつづけるのがおすすめです。妊活中であっても、coffeeのようにカフェインが入ったものが好きで、飲むことが多い人は気を付けましょう。





みんなcoffeeにカフェインがふくまれているのはご存じでしょうが、体を冷やしてしまうという効能を持ちます。



冷えてしまうと血行不良になってしまい、子供を授かるのに大聴く関わる子宮機能の低下の一因となるはずです。





もしあなたがcoffee好きでも、カフェインの摂取しすぎには注意してちょーだい。葉酸サプリの妊娠しやすい理由と効果をまとめました